efoについて

エントリーフォームでは様々な情報を入力していきますが、この際にあまりにも入力項目が多いと途中で面倒になって放棄してしまうケースがあります。入力をする側にとってはあまり時間的な、また精神的な負担が大きいと途中で離脱したくなるものです。企業側ではこの際に入力者のこのような負担をできるだけ軽減させるような配慮を行わなければなりません。その際に重要となるのがefodす。これはエントリーフォーム最適化と言われるもので、様々な申し込みや登録などのフォームで入力者のアシストを行う施策です。

せっかく申し込みや登録を行ってくれる方がいても、途中で入力を放棄してしまうと企業にとっては折角の大切な顧客を逃がしてしまうことになります。そういったことをできるだけ減らしていくために必要なのがefoです。確実に最終項目までたどり着き、完了してもらうように行う施策ですが、エントリーフォームでは必須のものとなっています。何も施策を行っていないフォームでは半数以上が離脱をしているケースも見られます。実際にフォーム項目では初めて訪れる方にとって理解できなかったり、入力できずに次の項目へ移動することができない場合もあります。また間違った理解によって間違った情報を入力する場合もあります。

こういったことによる損失は非常に大きいもので、サイトをいくら魅力的なものにしても、フォームに工夫をしていないと全く意味のないものになってしまいます。特にフォームへの入力が必要なサイトであればefoによって入力者の負担をできる限り軽減させていかなければなりません。efoによって確実に入力完了がしやすいものになれば、今まで以上に顧客をつかむことができます。

efoについて